土壌菌とは

土壌菌とは

土壌菌について

土壌菌とは、土の中にいる様々な菌の事を指します。土壌中には有害な菌や有用な菌が様々な菌が生息しています。
我々が体調不良の際、日常的に服用している薬は実は土壌中にいるありふれた菌で作られています。昨今で有名なのはノーベル賞を受賞した大村教授が発見したのも土壌中の放線菌の一種でした。

土壌菌イメージイラスト

腸との関係性

最近はテレビや雑誌、インターネットのメディアでも腸の注目度が高まっています。ところが現代人の多くは、ストレスや食生活の変化により昔に比べ、日本人の腸内細菌は年々減少し続けています。昔は花粉症やアレルギーで悩む方が今ほど多くなかったようです。その原因の一つと言われているのが、腸内環境や腸内細菌数の変化です。

そこで、現代人に必要なのが、善玉菌を増やすだけでなく、腸内に様々な種類の菌をできるだけ多く取り入れ補給する事が何より大切なのです。

腸内細菌群のイラスト

他のサプリメントとの違いは?

他の製品との大きな違いは、特定の菌や成分のみを抽出しているのではなく、発酵の持つ力をそのまま利用した天然サプリメントということです。発酵過程でアミノ酸が増えたり、乳酸菌の代謝産物ができたりしますが、それらを捨ててしまわずに全て大切にカプセルに閉じ込めています。
代謝産物や死菌、芽胞菌と言ったものは腸の中で他の菌の餌となり役立ってくれます。

何億何兆と言う数の善玉菌を補給するのではなく体に必要な菌になりうるものを取り入れ、またそれらが餌となり他の菌へ作用する。このサイクルを整え『善玉菌:2 悪玉菌:1 日和見菌:7』この理想の腸内細菌のバランスに導きましょう!

無料会員登録
楽天ペイ
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ